《9/28・29 週末テイスティング -Nonna & Sidhiのワイン-》 世界一のレストランnomaのワインリストにも載っているジョージアのフェザンツ・ティアーズ &イタリアよりバチ(Baci=キス)

代官山に直営店もあるノンナ&シディ Nonna & Sidhiはこだわりの食材とワインを輸入している会社です。最近ではジョージアのワインに力を入れられており、大変素晴らしい品質のものを取り揃えています。「小規模生産者の丁寧に造られたもの」というAnche Vino!と同じ商品選定の基準をもち、さらに「私、感動するものしか扱いたくないんです」と豪語する社長の岡崎さん。そんな素敵なノンナさんからのワインをご紹介します。

Date&Time:

9/28(金)9am-6:30pm

9/29(土)9am-7pm

Item:-Nonna & Sidhiのワイン- 世界一のレストランnomaのワインリストにも載っているジョージアのフェザンツ・ティアーズ &イタリアよりバチ(Baci=キス)

PHEASANT’S TEARSフェザンツ・ティアーズ(ジョージア)

フェザンツ ティアーズ の当主ジョンはアメリカ出身の画家。ワインのラベルはもちろん彼の作品で水彩画のように幾層にも色を重ねていく技法で描かれています。ラベルからも見て取れるように、ワインもとても繊細で美しい!ハッキリ言って、ハマりました!

従来のジョージアワインはヨーロピアンスタイル(従来のワイン醸造)と世界遺産にも登録されたクヴェヴリ(甕)による醸造方法があります。フェザンツ ティアーズ はクヴェヴリを用いたスタイルですが、今回ご紹介するチヌリはスキンコンタクトはしていないタイプとなります。

最後に、フェザンツティアーズ のスゴイところ:なんと、「世界のベストレストラン50」で4度も一位に輝いたデンマークのレストランnomaにオンリストされていたそうです!!!

もうnomaはありませんが、いやぁー、一回行ってみたかった…。

Nonna&Sidhiのhp:Pheasant’s Tearsの詳細はこちら

16′ Chinuri |チヌリ(白)

【ブドウ品種】チヌリ100%

柔らかなフローラルな香り、繊細なパッションフルーツの風味、ライムの味。白身魚や野菜料理などと。

 

PODERE SAN CRISTOFOROポデーレ・サン・クリストフォーロ(仏・ラングドック)

スーパートスカーナなどのように歴史的には最近有名になったボルゲリに次ぐ、現代的なワイン生産地区マレンマ。現代的なワインが多いので大手が牛耳っているわけですが、そんな中で「賞を取る事を目的とするのではなく、心地良く呑める、その土地を感じられる様なワイン」を目指し、作っているのがこのサン クリストフォーロ です。

Nonna&Sidhiのhp:Podere San Cristoforoの詳細はこちら

16’Baci |バチ(赤)

【ブドウ品種】サンジョベーゼ100%

海から近いマレンマ地区を表現したキュートなラベル。味わいは小樽を使って醸造していることもあり、複雑さもばっちしあります。

オンラインでのお買い物は上記ショッピングカートからお進みいただけます。

The  last weekend tasting of September. Friday 9/28 between 9pm-6:30pm Saturday 9/29 between 9am-7pm Pheasant’sTears 16′ Chinuri and San Chistoforo 16′ Baci. Thank you for reading my blog and see you on this weekend!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA