少し落ち着かせた春ワイン解禁!《MATUNEI マトゥネイ》 3/13・14 週末テイスティング

イエーイ!Happy Birthday To Me! しじゅうになりました!

でも、四十肩は今年に入ってすぐ始まりました!(同い年の子も同じこと言ってました。なぜだろう。)

自分のためにヨーグルトメーカーを購入しました。市販のヨーグルトって脱脂粉乳から作らるんですって。牛乳から作られたヨーグルトってとても美味しいそうで、それが毎朝食べられるよと、お客様から教えていただき、即購入です。

あとは大江千里のアルバムも買っちゃいました!(ずっと欲しかったーのです。)急にお買い物スイッチが入ってしまい、やれやれです。

さて、暖かい日が続き、ついには今週末には桜も開花しそうです。

その日のために寝かせていたワインがございまして、(と言っても1,2ヶ月)それを解禁します。

少し落ち着かせるだけでもワインっておいしくなるんです。

Date&Time:3/13・14(金・土)10am-6:30pm
【週末テイスティング】伊・ピエモンテ州のマイナー品種フレイザ種、春らしいロゼと赤。

2015年に設立された小さな農園、マトゥネイ。ワインだけではなく様々な農産物や加工品を作っています。

1月に試飲をした時はムズムズしていて、もう少し落ち着いたら美味しくなりそうな予感でした。

ロゼ もあったので、桜の咲く頃に紹介したらちょうどよくなってるだろうなーと思い、少しの間、しまっておきました。

こうやって大事にすればするほど、常連さんがいらっしゃると売りたくなってしまって自分を抑えるのに一苦労…。ようやく堂々と販売できる時期となりました!

MATUNEI | マトゥネイ(イタリア・ピエモンテ)

マトゥネイはバローロ やバルバレスコなど銘醸地よりもやや南西、ピエモンテで有名な地場品種ネッビオーロやバルベーラだけではなく、グリニョリーノやフレイザも育てています。

今回ご紹介するのはフレイザ種のロゼ と赤。

多くは黒い果実味、スパイシーで渋い、田舎っぽいワインになりがちなのですが、マトゥネイのは非常にエレガント!

17′ Dru | ドリュ
| 赤・ミディアム

品種:フレイザ

この子がムズムズしていた子。

フレイザらしい濃い色あいで、ドライハーブのようなスパイス、渋みもありますが、落ち着いてきました。柔らかく低めの酸、僅か2000本飲みの生産。

18′ Mutabilis |ムタビリス
| ロゼ・辛口

ブドウ品種:フレイザ

ワインの名前は『Rosa Mutability Chinese』と呼ばれる中国起源のバラに由来。このバラは花弁の色が濃いのですが、開花して熟成するに従って、花の色がオレンジからピンク、緋色、黄色へと変わってゆくそうです。

ワインもそんなハーモニアスな味わい。

桃やオレンジ、ピンクグレープフルーツ、メロンなどの果実味が柔らかく混じり合っているようです。

このロゼは直接圧搾法とゆう製法をとっており、赤ワインの副産物として造られたワインではありません。ロゼのために造られたロゼなのです。

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

オンラインでのお買い物はオンラインショップからお進みいただけます。

The weekend tasting. Friday 3/13 & Saturday 3/14 between 10am-6:30pm. Matunei 17’ Dru and 18′ Mutabilis. Please come on and try it! Thank you for reading my blog and see you on this weekend!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA