私がワインにハマったわけ《Ch. Brethousシャトー・ブルトゥス》《Brie de Meaux ブリ・ド・モー》11/1・2 週末テイスティング

今週ご紹介する内容は「私がワインにハマったわけ」です。

生涯の仕事として決めた【ワイン】。いくつかの出来事が重なり、私をここまでワインに執着させたのですが、一番最初の出来事は間違いなく、これでした。

レストラン勤務時代の帰宅時に購入したシャトー・シトラン(CH.CITRAN オー・メドックのブルジョワ級シャトー)となんとなく買ったチーズのブリー・ド・モーです。

当時は23歳、下っ端でレストランでも“バス”とゆう注文も取らせてもらえないセクションでした。

勤務していたレストランには、ワインや食にとても詳しくて面白い先輩や、今やMWのあの人がいたり、「なんだかかっこいいな、ワインのこと知ったらウエイターになれるかな」なんて小さな夢しか持っていませんでした。

何となく聞いたことがあるボルドーワインと、食べやすそうな白カビチーズのブリ・ド・モーを渋谷駅で購入。

当時住んでいたワンルームの一人暮らしのアパートへ帰り、テレビを見ながら晩酌です。

すると、あらおいしい!

今までそこまで美味しいと思ったことがなかったワインがチーズと一緒にならこんなに美味しい!

これがマリアージュなのか!と、初めてひとりで1本開けちゃったのもこの日だったと思います。

Date&Time:11/1・2(金・土)10am-6:30pm
【週末テイスティング】黄金コンビ!ボルドー赤《Ch. Brethous シャトー・ブルトゥス 》×白カビチーズ《Brie de Meaux AOP BIO ブリ・ド・モーAOP ビオ》

ワインは相性の良いアテがあれば、何倍にも増しておいしさが広がります。

その黄金の相性の一つが果実味があるミドルレンジのボルドーワインとブリー・ド・モー。

Châteaeu Brethous | シャトー・ブルトゥス(仏・ボルドー )

ブルトゥスはガロンヌ河右岸、プルミエール・コート・ド・ボルドーに位置します。

ボルドーでは珍しく、2008 年からはビオディナ ミ農法を実施。

ここまで言っておいて実はボルドーが苦手な私、ピュアな果実味を感じられるワインが少ないことが理由です。しかし、ブルトゥスは美味しい!そしてタンニンも旨味があります。

そして、ワイナリーではこの土地で伝統的なボルドー・クレレを生 産しています。クレレはロゼワインというよりも、薄めの赤ワインのような感じですが、これも美味しいのでいつか試飲に出したいと思います。最近では見なくなったこの伝統的なクレレも大切にし、クオリティも維持する、その心意気が大好きです。

15′ B de Château Brethous AOP Cadillac Côtes de Bordeaux | ベー ド シャトー ブルトゥス AOP カディヤック コート ド ボルドー
| 赤・ミディアム

ブドウ品種:メルロー100%

しかもボルドーの当たり年2015年デス!

 Brie de Meaux AOP Bio | ブリー ド モー AOP ビオ(仏・パリの東ブリ地方)

【フランスのチーズの王様】とも言われるブリー・ド・モー。

ビオのブリーはたった4軒のオーガニックミルク生産者から集められた厳選された希少なミルクでつくられます。

農薬を撒いていない牧草を食べて育った牛のミルクは、牧草の香りがしてミルキー。

筑波のチーズ輸入会社ヴィアザビオ 社のチーズは本当に美味しいのです。

やっぱり原料が大切なんだなぁと思わせてくれる、素敵なチーズがいっぱいです。

是非お試しください。

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

オンラインでのお買い物は上記ショッピングカートからお進みいただけます。

The weekend tasting. Friday 11/1 & Saturday 11/2 between 10am-6:30pm. Ch Brethous 15′ B de Chateau Brethous and Brie deMeaux. Please come on and try it! Thank you for reading my blog and see you on this weekend!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA