チーズとワインの試食&試飲《伊・アルト-アディジェよりDEGUST デグースト社のチーズと 伊・白ワインの定番ソアベ 》6/21・22 週末テイスティング

毎週(木)に週末試飲ワインについてブログを書いています。

ですが、今週は明日、長野の新規取り扱い予定ワイナリー訪問のため、本日(水)に書いています。

新規取り扱い予定ワイナリーは長野駅から1時間ほど車で走ったところです。

2017年設立の新しいワイナリーなのですが、噂に聞き、試したところ、とても魅力的な味わい。オーナーの方のワインに対する考え、ワインを造っているその場所を含め、「お付き合いしたいなぁ」と思う方でありました。

慣れない運転ですが、き、き、きおつけて行ってきたいと思います〜。

Date&Time:6/21・22(金・土)10am-6:30pm
チーズとワイン

Item:アルト-アディジェ州DEGUST デグースト社のシクスタス・サリックスと伊・白ワインの定番ソアベ

ワインをお仕事にしているので、「=チーズ好き」とよく見られます。

(そして、「=レバーパテとか好き」ともよく見られますが、内臓系は苦手です)

しかし、実は乳製品全般が得意ではなく、ワインとの相性に関しても100%賛成派ではありませんでした。

因みに、尊敬している前職のシェフソムリエも同意見でしたし、ワインのプロでも「?」と思っている人は私の周りには結構います。

しかし!

ここで意見撤回!

昨年、現取り扱いチーズ屋さん【VIA THE BIO ヴィアザビオ 社】のチーズを食べたところ、「どっひゃー!!!!」ミルクが新鮮で美味しいいいい!!!

そして、ワインと食べても美味しいものがある!

ヴィアザビオさんのチーズを食べた時の感動は、初めてナチュラルワインを飲んだ時の感動とよく似ていました。

新鮮な原料から、その原料のみを使って、余計なものを加えもせず、除きもせずに、丁寧に作られた食品はただただ感動するばかり。

とゆうことで、チープロ(チーズプロフェッショナル資格)獲得も考え始めています〜。

DEGUST デグースト社 (伊・アルトアディジェ州)

Sixtus Salix シクスタス サリックス| ドイツの山羊のミルク | セミハード

DEGUST社は熟成士ハンシ氏が率いるチーズ屋さん。地元のチーズや隣国オーストリアなど良質のチーズを使用してオリジナルの熟成を施します。

昨年7月からヴィアザビオ社にて取引を開始され、代表の綿引氏絶賛のDEGUST社。

確かに、どれも個性が豊かで上品!その中でも、ここ最近の綿引氏のコメントで推しが強かったのが、このシクスタス・サリックス。

このチーズはイタリアの有名なFORST社ビールSixtusとゆう黒ビールと共に熟成、Schuttelbotと呼ばれるクランチーな乾燥パン粉を表面にまぶしたものです。

セミハードで、品が良く、アロマティックでホップなどの香ばしさがあります。

これと一緒に紹介したいのが以下のワインです。↓

17’ソアベ | パラディウム Soave Palladium(伊・ヴェネト州)

ソアベ といえば、ガルガーネガ種を使ったイタリアを代表する白ワインです。

生産者も多く、エリアも広いので品質はピンキリ。

ご紹介するパッラディウム はソアベ地区でももっとも冷涼で石灰質が多い土壌。

とても良い地域なのでソアベ の優良生産者の畑はみんなここに集中しているそうです。

カリッとした硬質な酒質がシクスタス・サリックスの香ばしさと合いそうです。

どうぞ、おためしくださいね!

The weekend tasting. Friday 6/21 & Saturday 6/122 between 10am-6:30pm. Sixtus Salix of DEGUST from Italia and 17’SOAVE Palladium . Please come on and try it! Thank you for reading my blog and see you on this weekend!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA