暑くなったらロゼかフリッツァンテでしょー!《La Lupa San Fereolo ラ・ルーパ サン・フェレオーロ、ヴェルドゥッツオ フリッツァンテ レ・コンテッセ 》5/31・6/1週末テイスティング


最近は、6月に企画している上板橋ピッツェリアのペルケノさんとのイベント【大人なピッツァに合わせるワイン会】の試食やお出しするワインの最終的決定に取り掛かっていました。

ペルケノオーナーのゆみさんが提案する料理に「このワイン出したいんだけど、どうにかならないかなー?」とか様々な無茶振りをしてみたり、食べたことのない組み合わせのピザが予想と反して、マッチするのが白だったりとか。

お客様から聞いた南仏の伝統料理、自分で食べたギリシャ料理とワインのマッチングなどをヒントに、今まで飲んできたワインと食事の履歴を頭の中から取り出しつつ、やっとこさ決定しました。(妄想すごかった…)

お席はあと一名様なのですが、どうにか二名様分作れそうなので、お友達と来たいわ〜とゆう方がいらっしゃったら、是非ご相談くださいませ!

詳細はこちらから!↓

https://anchevino.tokyo/schedule-event/

さて、めっきり暑くなってまいりました。そんな時に飲みたい2種類をピックアップしました。是非、試しにいらしてくださいね♪

そうそう、6月に入ったら超人気生産者が入荷予定です。6種類を有料試飲でご案内〜なども考えておりますので、楽しみにしててください。

Date&Time:5/31・6/8(金・土)10am-6:30pm

Item: 暑くなったらロゼかフリッツァンテでしょー!

① サン フェレオーロ(伊・ピエモンテ州) 17’ラ ルーパ ロザート | San Fereolo 17′ “La Lupa” Rosato

【ブドウ品種】ドルチェット90%、トラミネール アロマティコ10%

伊・ピエモンテ人の心の品種ドルチェットに真摯に向き合う造り手サン・フェレオーロのニコレッタさん。

僅かに白も作っているのですが、近年、樹の病気で白ブドウ品種が取れなくなってきてしまいました。がっかりしていた折、友人が営むレストランでロゼの要望があり、初めてロゼを造ることに!

新しい畑のドルチェットに、僅かしか取れなかったトラミネールアロマティコの皮とともに2週間発酵したものを10%だけ加えてロゼにしました。

(そういえば、近年この方法、よく聞くようになりました。黒ブドウにアロマティックな白ブドウ品種の皮だけ投入!)

濃度と厚みあるテクスチャーで、とても面白いです!

スパイシーなお料理、焼き鳥(タレ)、和食と一緒に!

②レ・コンテッセ(伊・ヴェネト州) NV ヴェルドゥッツオ | Le Contesse NV Verduzzo Vino Frizzante

【ブドウ品種】ヴェルドゥッツオ

ヴェネト州コネリアーノはプロセッコの生産地。ここは氷河期とともに形成された土壌なので、滑らかで風味豊かなワインになるそうです。

ヴェルドゥッツオはヴェネト州の地場品種、ハーブ、柑橘系フルーツなんかが特徴です。食事の邪魔をしないワイン、お値段もリーズナブルなので我が家では重宝しています。

そら豆、アスパラなど今が旬のお野菜にぴったり寄り添います!

ヴェルドゥッツオ種といえば、オーストラリアなどニューワールドのワインでも見かけます。ユニークな品種を使いたい生産者たちにも人気な品種なのでしょうか。凝縮感も出ますし、色もしっかりついています。マイナー品種ですが注目!

オンラインでのお買い物は上記ショッピングカートからお進みいただけます。

The weekend tasting. Friday 5/31 & Saturday 6/1 between 10am-6:30pm. San Fereolo 17′ La Lupa and Le Contesse NV’ Verduzzo Vino Frizzante. Please come on and try it! Thank you for reading my blog and see you on this weekend!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA