《イル コンヴェンティーノ Il Conventino》トスカーナより掘り出し物!!!11/24週末テイスティング

先週はボージョレーヌーボーの試飲をご用意するも、肝心の売るワインがなく、ご迷惑をおかけ致しました。18年は作柄も良く、質量ともにハッピーなワインが出来上がったようです。

2年後のリリースが楽しみです!

ボージョレーといえばレストラン勤務時代に「2003年のボージョレー(ヌーボーじゃありません)は旨い!」と言って、みんなで自然派のボージョレーを売りまくっていました。そこからクリュボージョレーにはまり、その時に飲みすぎたおかげでここ5年程は遠ざかっていましたが、今年に入って出逢ったクリスチャンデュクリュ ーというワイナリーのものは最高に美味しく、大切に売らせてもらっています。

「もういいやー」と思っていた物でも新たな発見や出会いによりまた好きになったり、人生は素晴らしい!!!と、勝手に小さな幸せを噛み締めています。

さて、今週末は金曜日が祝日のため、11/24(土)の1日のみです。掘り出し物、ご紹介します〜!

 

Date&Time:

11/24(土)9am-7pm

Item: イル コンヴェンティーノ IL CONVENTINO トスカーナより掘り出し物!!!

イタリア・トスカーナ州の【モンテプルチアーノ村】はシエナの南東、ブルネロ ディ モンタルチーノで有名な【モンタルチーノ村】のお隣なので、ここと混同したり、アブルッツオ州のブドウ品種【モンテプルチアーノ種】と混同したり、色々と誤解の多い【モンテプルチアーノ村】です。

そんな【モンテプルチアーノ村】で初めて有機栽培を行なったのが今回ご紹介する生産者【イル・コンヴェンティーノ】です。

IL CONVENTINO |イル・コンヴェンティーノ (伊・トスカーナ州 モンテプルチアーノ村)

「有機農法といっても、伝統に従ってワインを造っているだけ。この土地に古くからある品種のブドウを昔からの方法で栽培し、熟成させているだけ」と言うオーナー婦人カルロッタさん。

味わいは古典的。イタリアワインと言えば、料理と寄り添うワインであるとも言えます。コンテストで賞を取る事や量産に走ったり、利益主導の体制だとワインの味わいは偏りが出てきます。ですから現代では「古典的な」「料理に寄り添う」「素直な」ワインを見つけにくくなってしまったんだと思います。

イル・コンヴェンティーノに派手さはありませんが、飽きの来ない美しいワインです。

16′ Rosso di Montepulciano |ロッソ ディ モンテプルチアーノ(赤)

【ブドウ品種】サンジョベーゼ、カナイオーロ、マッモーロ

輝く様な赤色。しっかりとした、森の果実の香り。しっかりとしたストラクチャーでバランスが取れている。オーク製大樽で3ヶ月間、その後スチール製タンクで6ヶ月。和食にも合う爽やかな赤ワイン。

17’Bianco del Conventino |ビアンコ デル コンベンティーノ(白・辛口)

【ブドウ品種】マルヴァージア、グレケット、トレッビアーノ
少しゴールドがかった、鮮やかな黄色。バランスの取れた、上品な軽めの辛口。アンフォラでつくられる。2017年ヴィンテージのビアンコは全てアンフォラづくり。
オンラインでのお買い物は上記ショッピングカートからお進みいただけます。

The  forth weekend tasting of November. Saturday 11/24 between 9am-7pm. Il conventino 16′ Rosso di Montepulciano and 17′ Bianco del Conventino. Please come on and try it! Thank you for reading my blog and see you on this weekend!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA