The second weekend tasting of July

「私、感動するものじゃないと取り扱いたくないんです。」

「小規模で丁寧な作りの生産者のもばかりなので、数が少ないんです。」

今朝、ずっと取引をしたいと思っていたワイン&食材の輸入元の代表の方とお話しする機会を持つことができて、その方から出てきたフレーズです。

むむ?うちのフライヤーに書いていることと同じ事言ってる…

8月からのお取引となる予定です。どうぞ、楽しみにしててください!

さて、今週の試飲はオーストラリア!

フルーティーであっつい夏にぴったりなアルコール低め(10.5%)の発泡ワインと、是非是非是非とも試して欲しいこれが最先端だぁぁぁ〜!の赤。ちょっとお値段しますが、奮発して出します!

Date: 7/13(金)& 14(土)

Time: 開店 9:00〜

Item:最先端のオージーワイン

Trentham Estate | トレンサムエステイト

ここのワインはとにかく品質がいいのに安い!

オーストラリアの大量生産型のワイン産地にありますと、価格だけを追求する人も出てきますが、トレンサムエステイトは全く違います。

NV リヴァーリトリート(白・発泡)

シャルドネ81%、ピノ・ノワール19%

夜中に収穫されたブドウを涼しいうちに圧搾。自然に流れ出る高品質のフリーランジュースのみを使用し、低温発酵を行っているため、ピュアな果実味そのまま引き出しています。6ヶ月間澱と一緒に貯蔵(シュールリー)した後、タンク内2次発酵(シャルマ方式)。

アルコールはわずか10.5%!フルーティーで昼から飲むに最適なガブガブワインです。

ここのロゼや赤も美味しいので、いずれやりたいなぁと思ってます。乞うご期待!

Between five Bells | ビトウィーンファイブベルズ

オーストラリアでも冷涼な地域として知られるヴィクトリア州ジーロング。南極海が近く、海風の影響で気候はクールダウンされます。育てられる品種は誰もが憧れるピノ・ノワールやシャルドネに適しているため、志を強く持ったワインメーカー達が野心的にワインを造っています。

そんな中、ビトウィーンファイブベルズのブドウは…ごちゃごちゃ!

畑に植えられている様々なイタリア系品種や地元のシラーズをそのまま一緒に潰して、タンクに入れ、ワインの瓶にいれています。(フィールドブレンドと言います)要は、畑丸ごと、そのまんま入っているんです!

その年ごとの出来の良いブドウをメインにするので、毎年味わいは異なりますが、できるワインは毎年最高!本当に複雑で、味わいの層が織りなすそのハーモニーは繰り返しお代わりを注文してしまうほど。

なかなか普段の試飲ではお出しできないものなので、是非、この機会に試して見てください。

16′ レッド(赤・ミディアムフル)

シラーズ47%、ネロダーヴォラ19%、ネグロアマーロ 17%、ネッビオーロ17%

ネットショップでのご購入はこちらから

The  first weekend tasting of July.

Friday 7/13 between 9am-6:30pm

Saturday 7/14 between 9am-7pm

Item: Tuscany Sangiovese!

Trentham Estate / NV River Retreat

Between five Bells / 16 Red

Thank you for reading and see you on weekend!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA