The Last Weekend Tasting of June: Southern France!

先週は梅雨真っ盛りだったので、傘だてを買って喜んでいたのも束の間、今週はずーっと晴れマークなんですね。

秋田からサクランボも入荷しましたし、初夏を感じています。(店内は極寒!)

天気予報が大好きな私はそれを元に試飲アイテムを組んでいます。だから、今回も季節にピッタリな(ハズ)赤と白をご案内です!

Date: 6/29(金)& 30(土)

Time: 開店 9:00〜

Item:南フランスの白と赤

ほぼ南仏専門のインポーターに居たせいか、私の顔をみると「南仏」を思い出す人もいるらしいです。そのため、濃いワインが好きなんでしょ!と言われることがありますが、そんなことはなく。。一言でいうと「キレイな」ワインが好きで、店頭でお勧めする時に、やたらと「これはぁ〜、すっごいキレイなんですよぉ〜」というフレーズが出まくってます。よくない、ちゃんと固有名詞を使って表現しないと、ですね。

南仏ですと赤は濃厚、白はイメージない、という感じでしょうが、いやいや、そんな事ないです。

南仏でも「キレイな」赤、「素直で美味しい」白がたくさんあります♫

Mas Bechga | マス ベシャ

(仏・ルーション)

ここ、カタルーニャ地方は独立運動も盛んに起こっている背景からもわかるように、フランスでありながらもスペインを強く感じる独特の地域性があります。

お隣のラングドックより強く太陽を感じ、大胆、街の色もはっきりとしており、スペインに近づいてきたなーと感じざるをえません。

ワインは果実味がしっかりとのっているワインが多いです。また、土地が広く乾燥しているので、有機栽培にもうってつけ。

マスベシャの現当主シャルル・ペレスは2008年より農薬等を使用しないビオロジ ックを実践、その丁寧に育てられた健全なブドウは彼が作り出す全てのワインに使用されています。またそのワインに採用されている家族の肖像が描かれたアートラベルは毎年、新しいアーティストによってテデザインされています。

15′ コート デュ ルーション クラシック(赤・ミディアム)

店頭価格¥2,484(税込)

シラー、グルナッシュ、ムールヴェードル

黒い果実味、野生のハーブ、ブラックオリーブ、ブラックペッパー、アルコールはなんと16%vol!ですが、それを感じさせないいいバランス。夏は少し冷やすとよりおいしく召し上がれます。

Felines Jourdan | フェリーヌ ジョルダン

(仏・ラングドック)

フェリーヌジョルダン の畑は海から約1km、フラッグシップはピクプール ド ピネという地ブドウから造られた海を感じる白ワインです。

ここは輸入元時代に取り扱っていたワイナリーで現地にも行ってきましたが、このミュスカセックを造ったのは恐らく最近で、この人が造るなら絶対に美味しい!と確信を持って入れる事を決めました。

16’ミュスカ セック (白・辛口)

店頭価格¥1,728(税込)

ミュスカは「マスカット」、セックは「辛口」という意味ですが、香りはマスカットのピュアな甘い香り、でも口に入れると辛口、少し塩味を感じると思います。スッキリしていて、キンキンに冷やして昼間からランチで飲みたい!ワインです。

飲んでいて、明るくハッピーになれるのが南仏ワインの良いところ!ブツブツ言わないで、ただ、飲んで!

The  last weekend tasting of June.

Friday 6/29 between 9am-6:30pm

Saturday 6/30 between 9am-7pm

Item: Southern France Wine

MAS BECGA 15 Cotes du Roussillon Classique ¥2,482 inc tax

FELINES JOURDAN 16 Coteaux de Bessilles Muscat Sec  ¥1,728 inc tax

Thank you for reading and see you on weekend!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA