《DOMAINE DES MIQUETTES ドメーヌ・デ・ミケット 》アンフォラでのワイン醸造に魅せられた北ローヌ生産者 3/22・23 週末テイスティング

暖かくなってまいりました。

と、ゆうことは、店内がクーラーガンガンになってまいりました…!

自然の寒さよりグンと堪えるクーラーの冷たい風。

いやいやいや、負けるもんか!

息子の卒園&入学でいっぱいいっぱいな3月ですが、先日やっと保育園の遺産整理と入学準備の名前付けなどを終えて、あとは4月を迎えるだけ!

卒園でセンチメンタルな気持ちの両親を差し置いて、息子は新しい生活が待ち遠しそう。

「小学校に行ったらもっとお友達が増えるんでしょ?ウハーーーー!!!」

子供ってこんなにもたくましかったっけ?と、驚かされるのと同時に、彼についていかなきゃ!と前向きになれたのでした。

さあ、今週は私にとって《嬉しい再会》のようなワインです。

インポーター時代に散々向き合っていた北ローヌのシラー種を使ったものなのですが、今までのアプローチとは異なる醸造方法をとったもの、まだ若い生産者です。味がとても良かった上に限定品につき、3種セット・有料で提供させていただきます。

今週は以前の勤務先でワインを選ばせてもらったお客様が遠方からお越しいただき、ここでも《嬉しい再会》。

《新しい出会い》もワクワクしますが《嬉しい再会》も本当に嬉しいものです。

Date&Time:

3/22(金)10am-6:30pm

3/23(土)10am-7pm

Item: アンフォラでのワイン醸造に魅せられた北ローヌ生産者 

DOMAINE DES MIQUETTES ドメーヌ・デ・ミケット(仏・北ローヌ)

ミケットはアペラシオンで言えば【サン・ジョセフ】の南に位置します。

私としては【サン・ジョセフ】と聞くだけで「あー、売れないなぁー」とゆうイメージ。

理由は「獣のような香り」と表現される【シラー】であること、価格が微妙に高価なこと。縦に長く面積も広いアペラシオンのため、品質がマチマチであること。

素晴らしい生産者の【サン・ジョセフ】は畑も急斜面で命綱が必要なほど。(もちろんトラクターなどは入れないので、畑作業は全て手作業)ちょっとよろめくとローヌ川に真っ逆さま!な畑で有機栽培、できたワインは獣っぽさは控えめに、スミレの花のような本当に綺麗な【シラー】となります。もちろん、若いうちは獣っぽくても熟成を経て美しく変化する【サン・ジョセフ】もたくさんあります。こういったワインはジビエなどと頂くと最高です!

今回出会ったミケットのワインもスミレの花のような美しいワイン。しかも、品質が良すぎてテイスティングする度にワクワクしちゃう!

私にとっては久々の北ローヌ産シラーでワクワクするとゆう《嬉しい再会》のような感覚でした。

一体どんな人が造り、どんな醸造方法なのか?

なんと当主のポール・エスティヴェ氏はジョージアのアンフォラ(クヴェヴリ)でのワイン醸造に魅せられ、自身もアンフォラでワイン造りをトライ。

フラッグシップのマドロバは今フランスではなかなか買えない代物となっているそうです。

今週ご紹介するワインは日本初入荷のエントリーレンジの3種類。

なんと輸入元が商品をオンリストする前に売れ切れてしまった…ワインです。

そんな限定品につき、3種類・¥600で試飲をご案内させていただくことにしました。

どうぞ、ご了承の程よろしくお願いいたします。

16′ Campagne…pour tout le monde | カンパーニュ…プ トゥール レ モンド (ロゼ・ペティアンナチュレル)

【ブドウ品種】シラー

なんとペットナットもアンフォラ醸造!

色は僅かにレンガ色がかったピンク色、抜栓時はしっかりと泡がありました。

ドライフラワー、蜂蜜の入ったりんごのコンポートのようなやわらかな香り。

ハイビスカスティーやアールグレイのような風味。

16′ La Grenadine des Miquettes | ラ グレナデン デ ミケット (ロゼ)

【ブドウ品種】シラー

こちらもアンフォラ醸造のロゼ。

初めは還元しているものの、すぐに消えます。

スミレ、ザクロ、チェリーの香り、旨味がしっかりとある複雑なロゼです。酸味は心地よく、全体的に線が細い綺麗なワインです。

今お店で販売している「ロージィー」とゆうチーズとめちゃくちゃ合いました!

ロージィー (シェーブル・セミハード) イタリア・山羊

イタリア北部のアルトアディジェ州 DEGUST社のチーズ。

隣国オーストリアの山羊のミルクを使用。チーズ自体をモスカートローザをすりこみ、個性的なアロマとフローラルさを出したチーズ。表面も淡いスミレ色をした上品さも。

17′ Syrah | シラー(赤・ミディアム)

【ブドウ品種】シラー

心動かされる美しいシラー。

ぎゅっと詰まったスミレの花やチェリー、ザクロの風味、酸味もちょうどよく(人にとっては高く感じるかもしれません)、こちらも線が細めのエレガントなワインです。

脂の少ないお肉(鴨や地鶏)と相性がいいと思います。

オンラインでのお買い物は上記ショッピングカートからお進みいただけます。  

The weekend tasting. Friday 3/22 between 10am-6:30pm and Saturday 3/23 between 10am-7pm. DOMAINE DES MIQUETTES 16′ Campagne…pour tout le monde, 16′ La Grenadine des Miquettes and 17′ Syrah. This time tasing is charged ¥600 for 3kinds glass of wine because these are very limited wine. Please come on and try it! Thank you for reading my blog and see you on this weekend!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA